title

骨董品の買取額に関わってくる鑑定書の有無

お店にて何かを購入すると、書類がセットになっている事も多いです。骨董品の場合は、鑑定書です。骨董品の価値を証明する書類がセットになっている訳ですが、それは買取額にも関わってきます。骨董品の買取を行うお店では、必ず品物の鑑定を行います。様々な観点から品物を確認していく訳ですが、上述の鑑定書もその1つです。鑑定書がワンセットになっている品物ですと、お店からの評価も高まる傾向があります。買取店としては、品物が偽物でないかどうかも確認する事になります。それで鑑定書がセットになっている品物は、少なくとも過去に一度は鑑定が行われている訳です。偽物である確率は、極めて低いです。ですからお店に品物を提示する時は、鑑定書も添付しておく方が無難です。ちなみに鑑定書が無くても、お店としては買い取ってくれます。専門知識があるお店なら、偽物であるかどうかも判別できるからです。ですが鑑定書がなければ、買い取り額も低めになってしまう傾向はあります。ですからお店にて鑑定を受けるなら、やはり鑑定書を添付する方が良いでしょう。