title

古い美術品を業者に買い取ってもらう際の注意点

骨董品は作成された年代が古い物品を指しますが、一般的には陶芸品や絵画などの美術品が骨董品として扱われます。骨董品は美術的な価値が重視されるため、古物商の中でも専門知識を持つ業者が扱うのが普通です。また、骨董品買取を受け付けている業者も限られていることから、手持ちの不要な骨董品を現金化したい場合は業者選びに注意する必要があります。骨董品を査定してもらう場合、真贋や状態の良し悪しが大きく影響します。骨董品の真贋の判別は詳しい知識が必要になるため、信頼出来る業者に依頼するのが賢明です。業者の評判を事前に確認したうえで査定を依頼するのが正当な評価を得るためのポイントになります。また、骨董品は長い年月が経過したことによって変色や欠損などの損傷が生じていることがあります。骨董品の修復は素人作業では不可能なので、状態が悪い品物であってもそのまま査定をお願いすることになります。骨董品によっては経年劣化による傷みや汚れの付着も美術的な価値に加算されるので、安易な修復や清掃は避けることが大切です。