title

以前、骨董品買取をしてもらった時の話

実家が事情があって引っ越しをすることになりました。そこで引っ越しの時の荷物をなるべく身軽にする為に、断舎利も兼ねて家じゅうの所持品を整理や見直すことになりました。そこで、いろいろいらないものを実家の押入れを大掃除していた時、だいたいはいらない物や古びたものがたくさん出てきました。その中には、置物や皿などの食器、額に入った絵画も少しありましたが、そういうものがあったことすら私自身は知らなかったのです。どうやら昔、祖父が集めていたというのか、たまに地域で開かれていた骨董市で購入したもののようです。これは高価なものなのかどうなのか素人目には全然わかりません。特に飾っているわけでもなく、ずっと倉庫の中に眠っていたものなので、祖父の了解を得て、骨董品買取をしてくれるお店に持って行きました。骨董品以外にももしかしたら買い取ってくれるかもしれないなと、使ってない腕時計なども持って行ってみることに。その時は、持って行ったものすべて買い取ってもらえて断舎利も兼ねてお金も入ってきたので、骨董品買取してもらってよかったなと思いました。