title

買取店で鑑定を受ける前にお手入れしておくべきか

多くの買取店では、品物の状態を確認しています。ブランド物買取のお店もその1つで、状態が良い品物は高く売れる傾向があります。傷や汚れなどが目立つ品物ですと、買取額は低くなってしまう事も多いです。ところで、それは骨董品買取も同様です。目立った傷が多ければ、お店からの評価も下がってしまうので、「持ち込み前のお手入れ」が検討される場合があります。状態が悪いと買取額が下がってしまう可能性もあるので、まずは品物のお手入れをした上で、改めてお店にて品物の鑑定を受ける訳です。しかしお手入れは、若干の知識も必要です。骨董品の拭き掃除にしても、リスクはあります。間違った方法で拭き掃除してしまうと、骨董品に傷が付いてしまう事も多いです。それで却って買取額が下がってしまう実例も多いので、注意が必要です。むしろ、お手入れを控える方が無難な事もあります。品物に傷が付くのも困りますし、基本的にはそのままの状態で買取店に提示する方が良いでしょう。

古い美術品はまず鑑定してもらおう
専門の買取業者をご紹介します